-

自動車重量税、別名重量税は、国産車あるいは海外の車等愛車の生産国やハイブリッドカー、ロールーフ車など車体に全て同じで、たとえばスバルやメルセデスベンツ、等にも通常課せられるものなんです。

新車登録の時もしくは定期的にある車検の場合に支払う必要があるお金です。

税額はその愛車の車重毎に定められています。

「自動車重量税」と「自動車税」という二つの税金は完全に別のもののため、しっかり理解して間違えないようにする必要があります。

「自動車重量税という税金はクルマの大きさ毎に」「自動車税とは総排気量によって」税額が変わってきます。

また、買い取り時の待遇も違いますし注意しなければなりません。

中古車の売却の際には支払い済みの車の金額がどれだけ残っていたとしてもその税額が返ってくることはありませんが、一方、自動車税の場合は既に支払った税金を買取額に上乗せしてくれるといったことがなくはないですが重量税については上乗せになるケースは全然ないのです。

重量税は、どれだけ既に納めた税額があると言っても買い取り専門業者側でそのことが材料になることはまずないのです。

そのためその次の支払い要は車検に出すまで待った上で手放すというのが一番良いです。

買取時は考慮していただけないのが重量税ですが特定の事例では還付していただけることがあります。

これにあたるのは次の車検までの期間が残存している愛車を廃車にしてしまう際です。

というのは、抹消登録をした場合、残っている車検期間に従って重量税が返金されます。

ですが車引き取りの時はそのクルマが廃車になるのとは違うので返金されません。

さらに、売却する自動車の名義を変更してしまった際や盗難被害に遭ったケースなども還付を受けることは不可能です。

自動車重量税が残っているクルマを買い取ることは、要は車検期間が残っている車です。

買取店も忖度しますので、重量税が残っていれば買取金額は上乗せされるでしょう。

もちろん、売却額は店舗によって異なりますが車検がまだあるということが考慮されれば所有車の買取金額と比較するとそれほど割に合わないということもありません。

Category

リンク