-

民事再生という選択は住宅ローンを含む複数の債務に陥っている人々を対象に、マンションを維持しつつも金銭管理において立ち直るための法的な機関による債務圧縮の処理方法として平成12年11月にスタートした制度です。

民事再生という制度には、破産とは異なり免責不許可事由はないために投機などで借金したような場合も申請は選択可能ですし、破産が理由で業務禁止になる可能性のあるポストで生計を立てているような場合でも民事再生は可能です。

破産の場合には、住んでいるマンションを対象外にするわけにはいきませんし他の債務処理方法では圧縮した元金を完済していくことが必要ですので、住宅ローンも返しながら払っていくのは多くの人にとっては困難だと考えられます。

でも、民事再生という手順を採用できれば住宅ローンを別とした借金は少なくない額を圧縮することも可能なため余裕を持ちながらマンション等のローンを支払いつつ残りの借入金を返していくようにできるということなのです。

民事再生という選択は任意整理または特定調停といった方法と違いある部分だけの負債を除いて処理していくことは許されていませんし、破産申請の場合のように元金そのものが消えてしまうのではありません。

それから、これ以外の方法と比べるといくらか簡単ではなく時間もかかりますので住宅ローンなどを持っていて住んでいる家を維持していきたい時など以外の、破産申告等の他の整理方法がない際における最終的な方法とみなした方がいいでしょう。

Category

リンク